BBIX株式会社

アジア・北米へとIXサービスを拡大、
国内のキーセンターとして、ブロードバンドタワーの
大手町データセンターを活用

課題・要望 業種 製品・サービス
Internet Exchangeサービス (IXサービス) の設置拠点 情報通信 データセンター

Internet Exchangeサービス(IXサービス)を提供するBBIX株式会社は、2003年の設立時にブロードバンドタワーの大手町データセンター(第1サイト)を選定し、そのコロケーションサービスを利用してBBIX東京第1センターを開設、IXサービスを開始した。以来、IXサービスの拠点を、都内をはじめ国内各地に拡大し、現在ではアジア2拠点の開設により、日本をアジアのインターネット・トラフィック交換のハブにすることを目指して、新たな展開を進めている。その間、ブロードバンドタワー 大手町のBBIX東京第1センターは設備拡張を繰り返しながら、常に同社のネットワークIXのキーセンターとしての位置を維持し続け、ビジネスの拡大・成長を支えている。

「日本のインターネットの中心地」に位置する
大手町データセンター (第1サイト) を選定

thumb BBIX株式会社
専務取締役兼COO
福智 道一 氏

BBIXは2003年、「すべてのお客さまが快適にインターネットサービスを利用できる世の中を創造し、さらなるインターネットサービスの普及・発展に貢献する」ことを企業理念に掲げ、真のキャリアフリーIX事業者として創業した。以来、質の高いトラフィックマネジメントと、分散型IXの展開を通じて、ISP事業者、通信キャリア、国内外の大手コンテンツ事業者を対象にして、IXを介した相互接続サービスを提供している。

その設立に際して第1番目のIX設置拠点に選んだのが、東京都千代田区大手町にあるブロードバンドタワーの大手町データセンター(第1サイト)だった。大手町は日本のインターネットの中心とも呼ばれ、ブロードバンドタワーの大手町データセンター(第1サイト)は、その中枢に位置する『NTTデータ大手町ビル』内にある。BBIXの専務取締役兼COOである福智 道一氏は、ブロードバンドタワーのデータセンターを選んだ理由を次のように語る。

「われわれはIX事業者としては後発でしたし、自前の施設を持っていませんからIX拠点の設置場所を借りる必要がありました。最適な場所は大手町です。またBBIXは、どんなISPやコンテンツ事業者もつなぎやすいIXを目指していましたから、拠点を置くデータセンターもキャリアフリーである必要がありました。ブロードバンドタワーは独立系でキャリアフリーであり、もっとも先進的なデータセンターの1つでしたし、様々なキャリアや事業者と相互接続が行えるミートミールーム(Meet Me Room=MMR)を備えていたので、当時はわれわれが求める条件に合致するほぼ唯一のデータセンターだったのです」。

アジアへのサービス拡大の中、
キーセンターとしての位置を確立

BBIXは現在、都内に5カ所のIXサービスの接続拠点を展開するほか、大阪・沖縄にもIX拠点を開設している。また、2014年には香港とシンガポールに海外現地法人を設立して接続拠点を設置し、東京と結んでアジア地域内においてリモートピアリングを可能にする「Smart IXサービス」を開始。さらに2016年には、日本のIX事業者として初めて北米のIX事業者と相互接続し、国際間接続 IX サービスである「US延伸」を実現するなど、そのネットワークを世界に広げている。

こうしたIXサービス事業の拡大の中で、ブロードバンドタワーの大手町データセンターに設置されたBBIX東京第1センターの重要性はますます高まっているという。

「BBIX東京第1センターは最も多くのISPに利用していただいている集約IX拠点であり、都内5カ所の拠点の中でも中心的な役割を果たしています。このため扱うトラフィック量は一貫して増大しており、設備の増設も度々行ってきました。また、香港、シンガポールと東京を結ぶネットワークIXでも、東京側の接続ポイントはBBIX東京第1センターであり、サービスのキーセンターとしての機能を担っていると言えます」と、福智氏は語る。

thumb

BBIXでは、最高のパフォーマンスを発揮する通信機器をそろえてIXサービスを提供している。ブロードバンドタワーには、最も高いレベルの運用が求められている。

最大規模のIX設備増設を
高レベルな運用・技術品質で成功させる

ブロードバンドタワーの大手町データセンターに設置されたBBIX東京第1センターの設備増設は、最近の3年間だけで3回に及んでいる。背景にはモバイルアクセスの急伸とソーシャルメディアの急成長があった。

「2012年までとそれ以降ではトラフィックの状況が一変しました。BBIXではモバイルデータトラフィック拡大への対応を強化した結果、2012年と比べて現在はトラフィック量が約30倍となっているほどです。そのためBBIX東京第1センターも、2014年にフロアを移動しての増床と設備の大幅な増設、最新鋭化をはかりました。この時はブロードバンドタワーさんにもかなり無理なお願いもして協力をいただきましたが、高い技術力と優れたサービス体制のおかげで増設を成功させることができました」(福智氏)

BBIXはブロードバンドタワーの大手町データセンター(第1サイト)の中でもトラフィックの多いユーザーであり、その設備の移設・増設はかつてない規模のプロジェクトであった。通信機器に繋がるケーブルの数は膨大なものがあり、その切り替えはもちろん手作業だ。実際にトラフィックが流れている生きたケーブルなのでミスは許されない。計画立案から、詳細な手順を決めて移設増設を実施するまで、準備にも半年を要したという。

「これだけの工事が計画通りに進んでミスなく終えられたのは、ブロードバンドタワーならではのことであったと思います。ネットワークは生きものですから、それをうまく運用してくれるかどうかは、われわれにとって最も重要です。その点でブロードバンドタワーには非常にレベルが高いものがあり、特にフロント部隊(営業)と運用部隊・技術部隊の連携が素晴らしい。日本品質の良い面がブロードバンドタワーの運用に表れていると感じます」と、福智氏は高く評価する。

thumb BBIX株式会社
企画部・IX事業戦略推進部 課長
佐々木 秀幸 氏

この設備増設には、BBIXのアジア地域におけるIX拠点設置と直接ピアリング環境構築も深く関わっているが、その事業化を企画したのがBBIX 企画部・IX事業戦略推進部 課長の佐々木 秀幸氏だ。

「われわれは日本をアジアのハブにすることを目指して、香港、シンガポールにもIXの拠点を設置して実際のIXサービスを運営しています。アジアのコネクティビティを根底から変えたいという想いがあります。東京側のキーセンターの設備増設はぜひ必要でしたし、ブロードバンドタワーとも細かい点まで相談させてもらい、アジアのハブの実現に向けて協力いただいています」と、佐々木氏は語る。

IoTの時代へ向けて、 「新大手町データセンター」に期待する

ブロードバンドタワーは、2018年8月の開設を予定して『新大手町データセンター』計画を進行中だ。『新大手町データセンター』は、千代田区大手町地区で2番目となるデータセンター拠点で、5GモバイルなどIoTを利用対象とする新世代の情報通信インフラに対応、あらゆる機器、センサーなどの多種多様なモノが本格的にインターネットに接続されていく時代に求められるスペックを追求している。

「今まで人が使ってきたインターネットですが、今後、人だけでなくあらゆるモノがインターネットにつながるIoTへと移っていくと、発信数は爆発的に増え、トラフィック量は指数的に伸びていきます。IXの役割はさらに重大になりますし、IXが収容されるデータセンターも同様です。今後、インターネットの世界で日本のプレゼンスは間違いなく上がっていきます。その中でブロードバンドタワーがどういう役割を担っていくのか、開設計画が進んでいる新大手町データセンターにも注目しています」と福智氏は語る。

インターネットの未来を創造する意気込みと共に、福智氏はブロードバンドタワーへの期待も高い。

「われわれの使命は、IXという機会を中心とした自由なインターネットのコミュニティづくりです。どれだけお客様の立場に立ってコーディネーションをするか、そこを重要視しています。日本がアジアのHUBとなることで、データセンターの需要は高まり、トラフィック量も増え、海外の顧客も増えていきます。IoTや人工知能でこれからコンピュータそのものも変わる中で、IXやデータセンターの重要性もますます高まっていきます。日本のプレゼンスを高めていく活動を、ビジネス・情報交換を通じてブロードバンドタワーと一緒に行っていきたいです」と福智氏は語った。


thumb

「IXとして最も大事なのはユーザーがつなぎやすい事。ブロードバンドタワーは先進的で、必要な要素を十分備えていました。IoTではIXの役割がさらに重要になりますがら、新データセンターにも期待しています」

BBIX株式会社
専務取締役兼COO
福智 道一 氏

「われわれはIX事業者として日本をアジアのハブにすることを目指し、米国、香港、シンガポールとも直接接続が可能なサービスを提供しています。この東京第1センターはそのキーセンターでもあるのです」

BBIX株式会社
企画部・IX事業戦略推進部 課長
佐々木 秀幸 氏

企 業 名 BBIX株式会社
http://www.bbix.net/
創  業 2003年6月13日
所 在 地 東京都港区東新橋1-9-1
株 主 構 成 ソフトバンク株式会社 100%
事業内容 インターネットエクスチェンジサービス

BBTowerへご相談・お問い合わせはこちら

  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム
  • お電話でのお問い合せ

    03-5202-4801

    受付時間 9:30~17:30
    (土日祝日除く)

ページの先頭へ