McAfee VirusScan Enterprise for Storage

NASを温床とするウイルス感染の脅威から
お客様のストレージ環境をリアルタイムに保護

NASを温床とするウイルス感染に対する画期的なソリューション

mcafee_logo.jpg

企業内でのファイルサーバとしてNASの利用が進むにつれて、ウイルス感染したファイルがNASに保管され、ネットワークを介して社内に感染被害が拡大する事例が多発しています。
McAfee VirusScan Enterprise for Storageは、このような「NASを温床とするウイルス感染」の脅威に対する画期的なソリューションを提供します。

McAfee VirusScan Enterprise for Storageは、ユーザがNAS上のファイルへアクセスする度にリアルタイムでウイルススキャンを実行する、オンアクセススキャン機能を実装。端末からNASへファイルが格納される前にウイルスを検知することによって、早期のウイルス感染発見を実現し、社内への感染被害の拡大を未然に防ぎます。

EMC Isilonとは、業界標準のコンテンツ適応プロトコルであるICAP (Internet Content Adaptation Protocol)によって連携。EMC Isilonの高いパフォーマンスや拡張性、シンプルな管理を損なうことなく、強固なセキュリティ対策が実現可能になります。

「McAfee VirusScan Enterprise for Storage」 特長

McAfee VirusScan Enterprise for Storageは、別途用意する複数のウイルス検知用サーバ(スキャンサーバ)上で作動することによって、オンアクセススキャンを実行します。NASとのウイルススキャンのリクエスト/結果の送受信は、通常のネットワーク環境とは分離した、専用のクリーンなネットワークで実施します。

ウイルスをリアルタイムに検出

端末からNASへファイルが書き込まれると、NASはそのファイルを複製してスキャンサーバ宛てに転送。スキャンサーバは、NASから転送されたファイルデータのウイルススキャンを実行し、結果をNASに応答します。
正常なファイルはNASに保存される一方で、ウイルスや不正なプログラムが検出された場合にはファイルを削除し、NASから隔離します。

高度な検出機能

高度なヒューリスティック検出と汎用検出機能によって、様々なウイルスや不正コードを検出します。圧縮ファイル内に隠されたウイルスから、システム内に潜みセキュリティホールから個人情報を盗むプログラムまで、幅広く検出しブロックします。

ウイルス定義ファイルを自動更新

ウイルス定義ファイルは、自動更新機能によって常に最新の状態に維持されます。クライアントPC側でのセキュリティ対策が最新でなくとも、NASからウイルス感染が拡大するリスクを最小限に留めることができます。

サーバ課金制による安心運用

ライセンス料は、スキャンサーバの台数による課金のため、ストレージ拡張に応じたウイルス対策が低コストで実現可能です。

BBTowerへご相談・お問い合わせはこちら

  • 製品・サービス

    お問い合わせフォーム
  • お電話でのお問い合せ

    03-5202-4801

    受付時間 9:30~17:30
    (土日祝日除く)

ページの先頭へ
ページの先頭へ