ALog ConVerter

「誰が」「いつ」「どのファイルに」「何をしたか」がわかる―
サーバログ監査ソリューションの決定版

サーバアクセスログ市場国内シェア No.1

ALog_logo

重要ファイルに対する操作ログの取得は、情報漏洩など有事の際の有力な監査証跡となるため、社員による不正行為を抑止する上でも、最も基本的なセキュリティ対策です。

ALog ConVerterは、そうした今日の企業活動にとって欠かせない監査ログの取得を効率化する、アクセスログ管理ツールの決定版です。

ALog ConVerterは、ファイルサーバから出力された複雑な生ログを、実際にユーザが行った操作パターンへと変換することによって「誰が、いつ、どのファイルに、何をしたか」を直感的に把握することができます。監視対象サーバに常駐エージェントをインストールする必要がないため、ファイルサーバのパフォーマンスに影響を与えることなく、低負荷でログ取得が可能になります。

国内1700社以上もの導入実績を誇ることから、監査対応・コンプライアンス遵守の一環としても、安心してご利用いただけます。

ALog1

「ALog ConVerter」特長

エージェントレスだから低負荷でログ取得

監視対象サーバにエージェントを常駐させる必要がないため、低負荷でログを取得することができます。生ログは圧縮してから収集するため、WAN環境や大規模なサーバ環境でも、容易にログ取得が可能です。

複雑な生ログを自動変換

対象サーバから収集した生ログを解析して、必要なログのみを抽出。直感的なアクセスログへと変換するため、「誰が、いつ、どのファイルに、何をしたのか」が一目瞭然です。

監視レポートを自動作成

事前に監視したい内容を設定しておくと、定期的に監視レポートを自動で作成します。レポート結果を社員に還元することで、不正行為の抑止に役立てることもできます。

大容量のログを圧縮し、ログ保管も効率的に

アクセスログは、元のログの数千分の一以下に圧縮して保管されるため、限られたリソースの中でログの長期保管が可能になります。過去のアクセスログは、独自の検索システムによって簡単に検索できるため、行方不明になったファイルを捜索する際にも、ご活用いただけます。

アクセスログ検索システム画面 例

ALog2

BBTowerへご相談・お問い合わせはこちら

  • 製品・サービス

    お問い合わせフォーム
  • お電話でのお問い合せ

    03-5202-4801

    受付時間 9:30~17:30
    (土日祝日除く)

ページの先頭へ
ページの先頭へ