ブロードバンドタワー、閉域網接続サービスを拡充
~「dc.connect NeX」サービスを提供開始~

2022年6月13日
プレスリリースBBTower

 株式会社ブロードバンドタワー(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長CEO:藤原 洋、以下「ブロードバンドタワー」又は「当社」 コード番号:3776 東証スタンダード)は、閉域網接続サービス「dc.connect」(ディーシー ドット コネクト)を拡充し、新サービス名称「dc.connect NeX」(ディーシー ドット コネクト ネックス)として、提供を開始いたしました。

 「dc.connect」は、当社が2016年から提供を行っている閉域網接続サービスです。当社のデータセンターとAmazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure間を広帯域の専用線で結ぶことにより、お客様システムと各クラウドサービスの間を、高速かつ安定したパフォーマンスで接続可能とすることを特徴としております。このたび、提供を開始した「dc.connect NeX」(dc.connect Network eXchange)は、同サービスの進化形として、これまでのパブリッククラウドとの1対1での仮想回線の提供サービスに加え、新たに1対多の接続が可能な仮想ネットワークの提供や、当社データセンターの契約ラック間での接続、提携データセンター(アット東京 CC1、Equinix TY4)との接続をメニューに加え、さらに充実した内容にて、サービス展開をいたします。さらに、接続先のパブリッククラウドサービスとして、あらたにGoogle Cloud Platform (GCP)のサポートを正式に加えております。

「dc.connect NeX」サービスイメージ

 当社は、日本のインターネットの中枢である東京都千代田区(大手町地区)に所在するデータセンター、「第1サイト」・「新大手町サイト」を拠点とし、インターネットの相互接続点である「インターネットエクスチェンジ(IX: Internet eXchange Point )に近い」事業者として、著名なインターネットサービス事業者などのネットワークへの接続性が重視されるサービスの提供拠点、各社・団体のネットワークの集約拠点として、高い評価を受けてまいりました。このたび、装いを新たに開始した「dc.connect NeX」は、メガクラウドサービスへの接続について、さらなる充実をもたらすものであり、これまで以上に高い次元でのネットワークサービスをお客様に享受いただけると、確信しております。

 当社は、データセンターの運用・ネットワークサービスの提供・ストレージソリューションの提供を通じて、来るべき「サイバーファースト」の時代に向けた高度なITインフラの構築・普及に貢献してまいります。また当社は、「DX認定事業者」としてグループ企業との連携を通じ、「DataセンターカンパニーからDXセンターカンパニーへ」の転換を志向し、あらゆる産業と地方のデジタル変革を先導する、様々な施策を講じてまいります。

以 上

サービスご紹介WEBページ

https://www.bbtower.co.jp/product-service/network/

ブロードバンドタワーについて

会社名 株式会社ブロードバンドタワー
所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町二丁目1番6号 日比谷パークフロント
代表者 代表取締役会長兼社長CEO 藤原 洋
設立 2000年(平成12年)2月9日
URL https://www.bbtower.co.jp/

 ブロードバンドタワーは、高度な運用技術と信頼性の高いハウジングサービス、インターネット接続サービス、およびクラウドサービスを提供しています。アクセスの良い都心にインターネットデータセンターをはじめとしたネットワークインフラストラクチャー資産を有し、インターネットサービス提供企業をはじめとした、多数の企業から高い信頼を得ています。またDell PowerScale(Isilon)等のビッグデータ対応ソリューションを提供しております。

※記載されている会社名および商品名は、それぞれ各社の商標および登録商標であります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社ブロードバンドタワー 社長室 広報グループ
電話:03-5202-4810  FAX: 03-5510-3431
E-mail: pr-ir@bbtower.co.jp
https://www.bbtower.co.jp/

IRに関するお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム
  • お電話でのお問い合せ

    03-5202-4813

    受付時間 9:30~17:30
    (土日祝日除く)

Get Adobe Reader

※PDFファイルをお読みになるには、最新版のADOBE Readerが必要です。
 右記のサイトより無料ダウンロードできます。

  • BBTowerからのお知らせ
  • メール配信登録
  • IRに関するお問い合わせ
ページの先頭へ
ページの先頭へ