ブロードバンドタワー、NASストレージ用ランサムウェア対策
ソリューションを取扱開始
~カナダSuperna社「Eyeglass」製品群を提供・サポート、ソフトウェアで
 NASストレージを保護~

2022年5月26日
プレスリリースBBTower

 株式会社ブロードバンドタワー(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長CEO:藤原 洋、以下「ブロードバンドタワー」 コード番号:3776 東証スタンダード)は、カナダ Superna社 (President : Andrew MacKay)が開発したランサムウェア対策ソフトウェア『Eyeglass® Ransomware Defender』をはじめとした「Dell PowerScale」向けのソフトウェア製品群「Eyeglass」の日本国内での提供・サポートを開始いたします。
 Superna社は、長年にわたり「Dell PowerScale」に特化したソフトウェア製品群を開発・提供しており、『Eyeglass Ransomware Defender』は、世界全体で1,300社を超える採用実績を有しております。

 ファイルを暗号化などによって使用不能にした後に、元に戻すことを条件に「身代金」を要求するランサムウェア (Ransomware: Ransom:身代金+Softwareの造語) による攻撃の件数は年を追うごとに増加し、その要求額も増大の一途をたどるなど、世界的な脅威となっております。特に業務上、重要なデータが集約されるファイルサーバがランサムウェアの攻撃を受けた場合の被害は、甚大なものになると懸念されます。
 当社が代理店を務めるデル・テクノロジーズ株式会社の「Dell PowerScale」は、スケールアウトNAS製品としての信頼性・可用性に加えて、同社の提供する「SnapshotIQ」によるスナップショット機能や、「SyncIQ」によるデータレプリケーション機能など、多面的・多層的なデータ保護を実装しておりますが、悪意ある攻撃であるランサムウェアには、さらなる対策を必要としておりました。

 Superna社の『Eyeglass Ransomware Defender』は、「Dell PowerScale」にランサムウェア対策機能として、APIレベルで組み込み、サイバー攻撃から重要なデータを保護することが可能です。

〇ランサムウェアの攻撃を検知し、自動でユーザをロックアウト

リアルタイムで異常なデータアクセスパターンや不審な振る舞いを検知し、自動でユーザをロックアウトします。オンプレミス(SMB共有・NFSエクスポート)およびクラウド(S3バケット)の双方に対応します。

〇対象となるデータを隔離し、リカバリするためのコピー (Vault:保管庫) を用意

本番クラスタ・DRクラスタと独立した第3のクラスタ、「AirGapクラスタ」を用意することで、通常の通信では到達できないセキュアな環境にデータを隔離し、攻撃を受けた後のリカバリーを支援します。

 また、Superna社の「Dell PowerScale」対応製品群である「Eyeglass」には、『Eyeglass Ransomware Defender』のほかに、DR (Disaster Recovery: 災害復旧) におけるリスクと複雑性を排除する「Eyeglass DR Edition」、リアルタイムでパフォーマンスを簡単に管理することを可能とする「Eyeglass Performance Auditor」、ファイルシステムデータの監査と保護を簡素化する「Eyeglass Easy Auditor」などのソフトウェア製品群をラインナップしています。当社では、これらSuperna社「Eyeglass」製品群を、広く「Dell PowerScale」をご利用のユーザ様に向けて、提供・サポートを行ってまいります。

 Superna社のPresidentである Andrew MacKay 氏は、次のように述べています。
「ブロードバンドタワーとの提携により、日本のお客様にサービスを提供できることをうれしく思います。ブロードバンドタワーのDell PowerScaleについての技術的専門知識とSupernaのサイバーセキュリティソリューションの組み合わせにより、日本のお客様は業界で最高レベルのデータ保護を実現できます。」

 当社は、「Dell PowerScale」およびSuperna社「Eyeglass」製品群の提供・サポートを行うとともに、基幹事業であるデータセンターの運用を通じて、来るべき「サイバーファースト」の時代に向けた高度なITインフラの構築・普及に貢献してまいります。また、「DX認定事業者」として、当社グループ企業との連携を通じ、「DataセンターカンパニーからDXセンターカンパニーへ」の転換を志向し、あらゆる産業と地方のデジタル変革を先導する、様々な施策を講じてまいります。

以 上

Superna社「Eyeglass」製品群によるデータ保護

Superna社「Eyeglass」製品群によるデータ保護

ブロードバンドタワーについて

会社名 株式会社ブロードバンドタワー
所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町二丁目1番6号 日比谷パークフロント
代表者 代表取締役会長兼社長CEO 藤原 洋
設立 2000年(平成12年)2月9日
URL https://www.bbtower.co.jp/

 ブロードバンドタワーは、高度な運用技術と信頼性の高いハウジングサービス、インターネット接続サービス、およびクラウドサービスを提供しています。アクセスの良い都心にインターネットデータセンターをはじめとしたネットワークインフラストラクチャー資産を有し、インターネットサービス提供企業をはじめとした、多数の企業から高い信頼を得ています。またDell PowerScale(Isilon)等のビッグデータ対応ソリューションを提供しております。

Supernaについて

会社名 Superna Inc.
所在地 Canada: 104 Schneider Road, Kanata, Ontario
United States: 225 Cedar Hill Street, Suite 200, Marlborough, Massachusetts
代表者 Andrew MacKay (President)
設立 2003年
URL https://www.supernaeyeglass.com/

 Supernaは、非構造化データの管理・保護のグローバルリーダーです。2003年の設立以来、長年にわたりデータセンター向け製品群を提供、5カ国に拠点を置き、2,700社以上の顧客を有しております。Supernaのスケーラブルで管理が容易な製品群は、スケールアウトNASに保管された数十億単位のファイルを保護しています。

※記載されている会社名および商品名は、それぞれ各社の商標および登録商標であります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社ブロードバンドタワー 社長室 広報グループ
電話:03-5202-4810  FAX: 03-5510-3431
E-mail: pr-ir@bbtower.co.jp
https://www.bbtower.co.jp/

IRに関するお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム
  • お電話でのお問い合せ

    03-5202-4813

    受付時間 9:30~17:30
    (土日祝日除く)

Get Adobe Reader

※PDFファイルをお読みになるには、最新版のADOBE Readerが必要です。
 右記のサイトより無料ダウンロードできます。

  • BBTowerからのお知らせ
  • メール配信登録
  • IRに関するお問い合わせ
ページの先頭へ
ページの先頭へ