dc.connect for Azure

お客様オンプレミスとMicrosoft Azureとのシームレスな連携を可能にする
専用線接続サービス

dc.connect for Azureとは

dc.connect for Azureは、Azure ExpressRouteを活用し、ブロードバンドタワーのデータセンターとMicrosoft Azure間を広帯域の専用線で結ぶことにより、お客様オンプレミスとAzureを高速かつ安定したパフォーマンスで接続します。

サービス専用のネットワークは全冗長構成。回線の提供や接続設定の代行だけでなく、面倒なBGPルータの保守・運用まで代行するため、お客様が独自に回線を手配した場合と比べて短納期での開通が可能であり、導入後の運用負荷もかかりません。

dcconnect_azure.png

dc.connect for Azureの特長

大容量のデータ転送を高速かつ低遅延、セキュアに実現

高速かつ安定したネットワーク接続の点から、ブロードバンドタワーのデータセンター内で稼働するお客様システムとAzure上に構築されたシステムとの相互連携を支援します。

尚、当社データセンターを介さずに、Azure ExpressRoute 接続サービスのみのご提供も可能です。

通信コストの削減

インターネット経由でMicrosoft Azureを利用する場合と比較して、データ転送費用単価が安価になるため、一定量以上の通信を行うクラウドユーザは、通信コストを大幅に削減することができます。

短納期で開通

ブロードバンドタワーのデータセンターとAzure ExpressRouteサービスのロケーション間は、ブロードバンドタワーがサービス専用の広帯域回線を用意するため、ユーザ企業が独自に回線を手配した場合と比べて、短納期での開通が可能です。

接続設定は、ブロードバンドタワーがユーザ企業に代わって行うため、ユーザ企業はネットワーク機器の簡単な設定作業のみで即座にご利用いただけます。

月額定額制で安心利用

月額定額制(※)のため費用予測が容易であり、突発的なトラフィックの増加による想定外のコストの発生も防ぎます。

※サービスご利用時に発生するAzureからのアウトバウンドトラフィック料金はお客様のご負担となります。アウトバウンドトラフィック料金については、Microsoft社からお客様に直接請求されます。

ハイブリッド環境をワンストップで実現

当社データセンター構内では、ブロードバンドタワーのクラウドサービス「c9(シーナイン)」も運用されているため、Azureとc9を組み合わせた構成も容易です。

Azureと連携したハイブリッド環境の設計から構築、監視・運用まで、ブロードバンドタワーの専任エンジニアがワンストップで提供することにより、ユーザ企業のビジネスを加速する戦略的インフラを実現します。

BBTowerへご相談・お問い合わせはこちら

  • 製品・サービス

    お問い合わせフォーム
  • お電話でのお問い合せ

    03-5202-4801

    受付時間 9:30~17:30
    (土日祝日除く)

ページの先頭へ