ブロードバンドタワー、クラウドサービス基盤に
EMCのオールフラッシュ版ストレージ 「EMC Unity」を導入、
パフォーマンスの飛躍的向上を実現

~商用クラウドサービス向けとして「EMC Unity」を国内初採用~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • evernote
2016年8月25日

 株式会社ブロードバンドタワー(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長CEO:藤原 洋、以下「ブロードバンドタワー」 又は「当社」 コード番号:3776 ジャスダック)は、当社が提供するクラウドサービス「c9(シーナイン)」の基盤に、商用としては日本で初めてEMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下「EMCジャパン」)が提供するオールフラッシュ版ストレージの「EMC Unity(ユニティ)300F」を導入いたしました。
 また、当社が今秋に提供開始を予定している新サービス「c9 Flexサービス Fシリーズ」では、「EMC Unity(ユニティ)300F」を用いて、これまでのディスクストレージを基盤にしたクラウドサービスと比較して飛躍的なパフォーマンス向上を実現、サービスを活用されるお客様の満足度向上を目指します。

導入背景

 当社は、従来ディスクストレージを基盤としたクラウドサービスを提供してまいりましたが、昨今のIoTやビッグデータといったトレンド、仮想化の集約率向上による高IOPSニーズを背景に、これまで以上に高いパフォーマンスでお客様へのサービスレベルを向上するため、次世代クラウドサービスの基盤としてフラッシュストレージの採用を検討し、この度の導入に至りました。

「EMC Unity 300F (オールフラッシュ構成)」の選定理由

 当社は、オールフラッシュ製品を採用するにあたり、複数社の競合製品との比較を行いました。クラウドサービスの中核となるストレージとして、オールフラッシュを採用しつつ、TCO(総所有コスト)を削減できることや、将来多様化するサービス提供ニーズにも柔軟に対応できること、グローバルでの実績、EMCの開発に対するビジョンや将来性などを評価した結果、「EMC Unity 300F」を採用いたしました。

 特に以下の特長を評価いたしました。

 ・長期利用を想定して安定性や、一貫した高性能を提供できるeMLCを採用していること
 ・性能チューニングレス、シンプルな設計によって運用者の負荷を軽減できること
 ・ブロックストレージだけでなく、ファイルストレージとしても活用できる高多様性
 ・追加ライセンスなく、レプリケーションなどの構成も柔軟に組めるソフトウェアがオールインワンで提供されていること
 ・大容量SSDの採用、圧縮機能のリリースによって、今後さらなる効率化が期待できること

導入効果

 当社では、今秋のサービス開始にあたり次の効果を見込んでいます。

 ・飛躍的なIOPSの向上により、高速なハードウェア共有型クラウドサービスが実現する。
 ・ラックへの高密度実装により、高品質なサービスを比較的安価に提供可能となる。

今後の展望

 当社とEMCジャパンは、パートナーとして「EMC Isilon(アイシロン)」をはじめ多くのEMC社製品の販売・サポートで協力、実績を重ねてまいりました。さらに今後は、クラウドサービスプロバイダーパートナーとしても、双方の強みを生かしながら、昨今ニーズが拡大している大規模トラフィックデータやビッグデータ、IoT向けの高付加価値のクラウドサービス提供に向け取り組んでいく予定です。

以 上

ブロードバンドタワーについて

会社名 株式会社ブロードバンドタワー
所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目3番2号 内幸町東急ビル
代表者 代表取締役会長兼社長CEO 藤原 洋
設立 2000年(平成12年)2月9日
URL http://www.bbtower.co.jp/

 ブロードバンドタワーは、高度な運用技術と信頼性の高いハウジングサービス、インターネット接続サービス、およびクラウドサービスを提供しています。アクセスの良い都心にインターネットデータセンターをはじめとしたネットワークインフラストラクチャー資産を有し、インターネットサービス提供企業をはじめとした、多数の企業から高い信頼を得ています。またEMC社のEMCアイシロン スケールアウトNASやScality社のペタバイト規模の拡張性をもつSoftware Defined Storage「Scality RING」等のビッグデータ対応ソリューションを提供しています。

EMCジャパン株式会社について

会社名 EMCジャパン株式会社
所在地 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー
代表者 代表取締役社長 大塚 俊彦
設立 1994年(平成6年)1月5日
URL http://japan.emc.com/

 EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。

※記載されている会社名および商品名は、それぞれ各社の商標および登録商標であります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社ブロードバンドタワー マーケティング統括グループ 對馬 一衛
電話:03-5202-4810  FAX: 03-5510-3432
E-mail: pr-ir@bbtower.co.jp
http://www.bbtower.co.jp/

EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 武村 綾
電話:03-5308-8888  FAX: 03-5308-8549
E-mail: japanpr@emc.com
http://japan.emc.com/

IRに関するお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム
  • お電話でのお問い合せ

    03-5202-4813

    受付時間 9:30~17:30
    (土日祝日除く)

Get Adobe Reader

※PDFファイルをお読みになるには、最新版のADOBE Readerが必要です。
 右記のサイトより無料ダウンロードできます。

  • BBTowerからのお知らせ
  • メール配信登録
  • IRに関するお問い合わせ
ページの先頭へ