ブロードバンドタワー、エンタープライズ向けサーバログ監査ソリューションの提供を開始

~EMCアイシロンと網屋「ALog ConVerter」のパッケージ販売を開始し、IT内部統制の実現をサポート~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • evernote
2015年3月26日

株式会社ブロードバンドタワー(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長CEO:藤原 洋、以下「ブロードバンドタワー」、 コード番号:3776 ジャスダック)は、急速に拡大する国内コンプライアンス市場とIT内部統制確立へのニーズに対応するため、株式会社網屋(本社:東京都中央区、代表取締役:伊藤 整一、以下「網屋」)とパートナー契約を締結し、3月26日(木)より、国内1700社以上もの導入実績をもつ、同社のサーバアクセスログ管理ツール「ALog ConVerter」の販売を開始いたします。

ブロードバンドタワーが一次代理店を務めるEMC社製NASストレージ「EMCアイシロン スケールアウトNAS(以下、EMCアイシロン)」とパッケージ化して提供することによって、EMCアイシロンのログ管理機能を大幅に強化。エンタープライズクラスのパフォーマンスを損なうことなく、お客様企業におけるIT内部統制の実現をサポートいたします。

ALog ConVerter 製品紹介ページURL
http://www.bbtower.co.jp/product-service/storage/related-products/alog/


― ALog ConVerterアクセスログ 見本

Alog_image

本発表の背景

重要ファイルに対する操作ログの取得は、情報漏洩など有事の際の有力な監査証跡となるため、社員による不正行為を抑止する上でも、基本的なセキュリティ対策であると指摘されています。ブロードバンドタワーにおいても、実際にEMCアイシロンを社内のファイルサーバとして利用されているお客様から、監査対応の一環としてログ管理を効率化したいという要望が寄せられてきました。

「ALog ConVerter」は、EMCアイシロンから出力された複雑な生ログを、実際にユーザが行った操作パターンへと分析変換することによって「いつ、誰が、どのファイルに、何をしたのか」を直感的に把握することができます。監視対象サーバに常駐エージェントをインストールする必要がないため、EMCアイシロンのパフォーマンスに影響を与えることなく、低負荷でログ取得が可能になります。

ブロードバンドタワーでは、既存環境への「ALog ConVerter」の導入だけでなく、EMCアイシロンとのパッケージ販売にも対応。社内に分散したファイルサーバをEMCアイシロンへ集約する際などに併せてご利用いただくことで、さらに効果的な統合管理が可能となり、ITリソースの効率化と内部統制の強化を同時に実現いたします。

システム構成例

ALog1.jpg

「ALog ConVerter」特長

「ALog ConVerter」は、別途用意するログ分析用サーバ(マネージャーサーバ)上で作動することによって、ログの収集、分析、変換を自動で実行します。EMCアイシロンが出力したログは、ローカルディスクに圧縮保存された上で、マネージャーサーバ側のタスクでコピーし、アクセスログへと変換します。

1. エージェントレスだから低負荷でログ取得
監視対象サーバにエージェントを常駐させる必要がないため、低負荷でログを取得することができます。生ログは圧縮してから収集するため、WAN環境や大規模なサーバ環境でも、容易にログ取得が可能です。

2. 複雑な生ログを分析変換
マネージャーサーバは、対象サーバから収集した生ログを解析し、必要なログのみを抽出した上で、直感的なアクセスログへと変換するため、「いつ、誰が、どのファイルに、何をしたのか」を一目で把握することができます。

3. 監視レポートを自動作成
事前に監視したい内容を設定しておくことにより、定期的に監視レポートを自動で作成します。レポート結果は、社員に還元することによって、不正行為の抑止に役立てることもできます。

4. 大容量のログを圧縮し、ログ保管も効率的に
アクセスログは、元のログの数千分の一以下に圧縮して保管されるため、限られたリソースの中でログの長期保管が可能になります。過去のアクセスログは、独自の検索システムによって簡単に検索できるため、行方不明になったファイルを捜索する際にも、ご活用いただけます。

5. マルチベンダーに対応
ALog ConVerterは、EMCアイシロンだけでなく、他のNAS製品(EMC VNX、NetApp等)やWindowsサーバ、Linuxなど幅広い製品に対応しているため、異なるベンダーのファイルサーバを複数ご利用されている環境でも、一元的にログを取得することができます。ALog ConVerterの導入にあたっては、EMCアイシロンのみならず、多数のエンタープライズ向けNAS製品の導入実績をもつ、ブロードバンドタワーの専門エンジニアが幅広い技術サポートを提供いたします。

EMCアイシロン スケールアウトNAS 製品紹介ページURL
//www.bbtower.co.jp/product-service/storage/isilon/

ブロードバンドタワーについて

会社名 株式会社ブロードバンドタワー
所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目3番2号 内幸町東急ビル
代表者 代表取締役会長兼社長CEO 藤原 洋
設立 2000年(平成12年)2月9日
URL http://www.bbtower.co.jp/

ブロードバンドタワーは、高度な運用技術と信頼性の高いハウジングサービス、インターネット接続サービス、およびクラウドサービスを提供しております。アクセスの良い都心にインターネットデータセンターをはじめとしたネットワークインフラストラクチャー資産を有し、インターネットサービス提供企業をはじめとした、多数の企業から高い信頼を得ています。またEMC社のEMCアイシロンスケールアウトNAS等のビッグデータ対応ソリューションを提供しております。

※記載されている会社名及び商品名は、それぞれ各社の商標および登録商標であります。

サービスについてのお問い合わせ先

株式会社ブロードバンドタワー 営業統括グループ データソリューション営業
電話:03-5202-4801 FAX: 03-5510-3432
E-mail: bbtower-sales-web-j@bbtower.co.jp
http://www.bbtower.co.jp/

報道関係お問い合わせ先

株式会社ブロードバンドタワー マーケティング統括グループ 畑和之
電話:03-5202-4810  FAX: 03-5510-3431
E-mail: pr-ir@bbtower.co.jp
//www.bbtower.co.jp/

IRに関するお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム
  • お電話でのお問い合せ

    03-5202-4813

    受付時間 9:30~17:30
    (土日祝日除く)

Get Adobe Reader

※PDFファイルをお読みになるには、最新版のADOBE Readerが必要です。
 右記のサイトより無料ダウンロードできます。

  • BBTowerからのお知らせ
  • メール配信登録
  • IRに関するお問い合わせ
ページの先頭へ