ブロードバンドタワー、Nimble Storage社のハイブリッドストレージを
7月より販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • evernote
2014年7月 2日

株式会社ブロードバンドタワー(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:藤原 洋、以下ブロードバンドタワー コード番号:3776 ジャスダック)は、企業ユーザー向けのハイブリッドストレージシステムを提供するNimble Storage, Inc.(以下、Nimble Storage社)との販売代理店契約を締結し、本日より販売を開始します。初年度は20セットの販売を見込んでいます。

取り扱いの背景

企業におけるデータ保有量は年々増加傾向にあり、その管理や運用者は、非常に大きな課題となっています。このような背景から、大容量のデータの収容が可能で、高性能かつ簡単に取り扱うことができるストレージシステムの存在が求められていましたが、こうした課題の同時解決には高い壁がありました。

Nimble Storage社は、性能に優れるフラッシュメモリ(SSD)と容量効率に優れるハードディスク(HDD)を組み合わせた「ハイブリッドストレージ」というアプローチで、米国では主要媒体やアナリスト機関での高い評価を得ています。

そこで、ブロードバンドタワーでは、エンタープライズストレージに関する長年の取り扱い実績と経験を元に、Nimble Storage社の技術評価を実施した結果、最小3Uから冗長構成が可能であることはデータセンターコストを抑えることが出来るだけでなく、SSDと独自OSによる圧縮技術により、容量単価とパフォーマンスの両立も出来ることから、国内のお客様にも適した製品であると判断し、今回の取り扱いに至り、販売を開始いたします。

「Nimble Storage」の特徴

1. 高い性能の実現

2. スモールスタートを実現する柔軟な拡張性
「Nimble Storage」は、スケールアップ(容量追加)、性能強化(コントローラ増強)に加え、スケールアウト(コントローラの並列化)という3つの拡張性を備えており、お客様によって異なるストレージニーズにも柔軟な対応が可能です。

3. 安定運用を実現する、クラウドベースのリモート保守を無償搭載:「InfoSight」
ストレージシステムのリモート運用機能は、今では多くのベンダが搭載するものですが、「Nimble Storage」が搭載するものは、最新世代のものです。稼働ログやヘルスチェック情報の定期的な送信による傾向分析や統計的な予測機能はもちろん、Nimble Storage社のデータサイエンティストが傾向分析を行い、重大障害に発展する前の通知などの機能も提供します。

ブロードバンドタワーの取り組み

ブロードバンドタワーは、長年のストレージ取り扱いの実績やノウハウを踏まえた技術力をベースに、Nimble Storage社と各種ミドルウェアやアプリケーションとの検証などを進め、お客様のストレージニーズに迅速に対応できる体制を整備していきます。注力していく分野は、プライベートクラウド基盤、データベース、デスクトップ仮想化基盤への適用などです。

また、Nimble Storage社、国内総販売代理店の株式会社東芝、保守提供の東芝ITサービス株式会社とも密に連携していくことで、お客様が安心して利用できる体制を構築します。

エンドースコメント

株式会社東芝は、株式会社ブロードバンドタワーによる「Nimble Storage」の販売開始を心より歓迎いたします。ブロードバンドタワーの持つストレージ販売の実績や高い技術力により、より多くのお客様へNimble Storage社の革新的なストレージをお届けできることになると期待しています。

株式会社東芝 クラウド&ソリューション社  営業統括責任者 市橋 徹

Nimble Storage社について

会社名 Nimble Storage, Inc.
所在地 米国カリフォルニア州
代表者 Suresh Vasudevan, President and CEO
設立 2008年1月
URL http://www.nimblestorage.com/

Nimble Storage社は、HDDとSSDを組み合わせたハイブリッド型ストレージを提供しているストレージベンダーです。現在、顧客数は2,100社以上、 4,000台以上の製品を実装済みで、販売パートナーも600社を超え、急速に顧客数を増やしています。Nimble Storage社は、Cisco, VMware, Microsoft, Citrix, Oracle, CommVaultといった業界を牽引する企業と強力なアライアンスを構築しています。

ブロードバンドタワーについて

会社名 株式会社ブロードバンドタワー
所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目3番2号 内幸町東急ビル
代表者 代表取締役会長兼社長CEO 藤原 洋
設立 2000年(平成12年)2月9日
URL http://www.bbtower.co.jp/

ブロードバンドタワーは、高度な運用技術と信頼性の高いハウジングサービス、インターネット接続サービス、およびクラウドサービスを提供しています。アクセスの良い都心にインターネットデータセンターをはじめとしたネットワークインフラストラクチャー資産を有し、インターネットサービス提供企業をはじめとした、多数の企業から高い信頼を得ています。またEMC社のEMCアイシロンスケールアウトNAS等のビッグデータ対応ソリューションを提供しています。

報道関係お問い合わせ先

株式会社ブロードバンドタワー マーケティング統括グループ
電話:03-5202-4810  FAX: 03-5510-3431
E-mail: pr-ir@bbtower.co.jp
http://www.bbtower.co.jp/

記載されている会社名及び商品名は、それぞれ各社の商標および登録商標です。

IRに関するお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム
  • お電話でのお問い合せ

    03-5202-4813

    受付時間 9:30~17:30
    (土日祝日除く)

Get Adobe Reader

※PDFファイルをお読みになるには、最新版のADOBE Readerが必要です。
 右記のサイトより無料ダウンロードできます。

  • BBTowerからのお知らせ
  • メール配信登録
  • IRに関するお問い合わせ
ページの先頭へ