ブロードバンドタワー、第1サイト(千代田区大手町)で100ラック規模の設備拡張を完了し、受注を開始致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • evernote
2013年10月 9日

 株式会社ブロードバンドタワー(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:藤原洋、以下ブロードバンドタワー コード番号:3776 ジャスダック)は、東京都心の第1サイト(千代田区大手町)において、需要の増加に伴い、数百ラック規模の増設を計画し、この度一次増強を完了致しました。また、合わせてUPS等の電源設備についても増強を実施・計画しております。

 ブロードバンドタワーでは、都心・地域連携型データセンターのコンセプトのもと、今後もさらに充実したデータセンターサービスの提供を行ってまいります。

■ 本発表の背景と目的

<市場背景>

 IDC Japanの発表では、2017年のデータセンターサービス市場の規模を1兆2,831億円、2012年~2017年の年間平均成長率を7.0%、また、東京都については同期間にて全国平均を上回るペース(8.3%)で市場が拡大すると予測しております。

※ 出典: IDC Japanプレスリリース「国内データセンターサービス市場予測を発表」(2013年10月1日)


<目的>

 ブロードバンドタワーの第1サイトは、日本のインターネット接続の中枢拠点と隣接する好立地であることから、これまでほぼ完売の状況にありましたが、近年のスマートデバイスの普及によってモバイルデータトラフィックが増大傾向にあり、サイト内でIX(※1)や主要な通信事業者との接続可能なMMR(※2)を有している第1サイトの需要が高まっております。そこで、同サイトにラックを増設するとともに、電源設備の増強を計画・実施致しました。

 今回のラック・電源設備の増強は、高まるサービス需要にお応えするものです。


 ※1 IX = Internet eXchange point

 ※2 MMR = Meet Me Room(キャリア相互接続ポイント)

■ブロードバンドタワーのコロケーションサービスについて

 ブロードバンドタワーのデータセンターは、東京23区内に3箇所、大阪に1箇所を構えており、いずれも主要駅から30分から1時間でアクセスでき、いざというときにすぐにオンサイトでの対応が可能です。 また、耐震基準や安全基準を十分に満たしており、大規模な災害があった場合でも 安心してご利用いただけます。

 第1サイト内MMRでは、通信回線についての制約が全くない、「キャリアニュートラル」 な通信環境をご提供しております。IX事業者、主要通信キャリア、CATV事業者、CDN事業者、大手コンテンツプロバイダーとの構内接続が可能となり、お客様のニーズに合わせたネットワーク構築が実現できます。

 首都圏と関西圏の分散二重化体制を整えており、ディザスタ・リカバリを含めた総合的なソリューションもご提案いたします。

ブロードバンドタワーについて

会社名 株式会社ブロードバンドタワー
所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目3番2号 内幸町東急ビル
代表者 代表取締役 会長兼社長CEO 藤原 洋
設立 2000年(平成12年)2月9日
URL http://www.bbtower.co.jp/

 ブロードバンドタワーは、高度な運用技術と信頼性の高いハウジングサービス、インターネット接続サービス、およびクラウドサービスを提供しています。アクセスの良い都心にインターネットデータセンターをはじめとしたネットワークインフラストラクチャー資産を有し、インターネットサービス提供企業をはじめとした、多数の企業から高い信頼を得ています。またEMC社のEMCアイシロン スケールアウトNAS等のビッグデータ対応ソリューションを提供しています。

報道関係お問い合わせ先

株式会社ブロードバンドタワー マーケティンググループ
電話:03-5202-4810  FAX: 03-5510-3431
E-mail: pr-ir@bbtower.co.jp
http://www.bbtower.co.jp/

IRに関するお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム
  • お電話でのお問い合せ

    03-5202-4813

    受付時間 9:30~17:30
    (土日祝日除く)

Get Adobe Reader

※PDFファイルをお読みになるには、最新版のADOBE Readerが必要です。
 右記のサイトより無料ダウンロードできます。

  • BBTowerからのお知らせ
  • メール配信登録
  • IRに関するお問い合わせ
ページの先頭へ