ブロードバンドタワー、インターネット経由で手軽に利用可能な、 セキュアリモートアクセスサービスを発表

既存システムの改変・VPN環境の新規構築が不要で セキュアな通信環境を1ユーザー、最低1ヶ月から利用可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • evernote
2012年11月30日

株式会社ブロードバンドタワー(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:藤原 洋、以下ブロードバンドタワー コード番号:3776 ジャスダック)は、ブロードバンドタワーが提供しているIaaSのオプションサービスとして、最低1ヶ月・1ユーザーから利用可能で、インターネット環境があればセキュアなリモートアクセスを手軽に実現できる「セキュアリモートアクセスサービス」を2012年12月3日より提供を開始いたします。本オプションサービスは、エリアビイジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 一成、以下エリアビイジャパン)より、基礎技術の提供を受け、自社仕様にカスタマイズしたオプションサービスとなります。
尚、ブロードバンドタワーは、エリアビイジャパンと今後本サービスを含め、クラウドサービスの分野で既存顧客や、幅広い業種の企業に対して協同で、マーケティング・営業活動を行って参ります。

本オプションサービス提供の背景

近年、マルチデバイスでの社内システムへのアクセスが一般的となり、「社外から安全・簡単にアクセスさせる」事が、企業のシステム管理者にますます求められています。
このようなニーズに対応するために、セキュア通信ソリューション「SWANStor」を国内600社以上に導入しているエリアビイジャパンより基礎技術の提供を受け、ブロードバンドタワーは、セキュリティやIT知識が無くても利用できる使いやすさと、システム管理者のサポート負荷軽減を実現するオプションサービスを開発いたしました。

セキュアリモートアクセスサービス(オプション)の特長

  • インターネット環境さえあれば、システム改変の手間なく、手軽に素早くセキュアな通信環境を実現
    PCローカルドライブもしくはUSBフラッシュメモリに格納する認証用の鍵ファイル(以下「認証チケット」)と、Internet Explorerを使用し、インターネット経由で認証させることにより、ブロードバンドタワーが提供しているIaaS上に構築されたユーザー企業の非公開WEBサービスへもSSL-VPN接続でセキュアにアクセスができるようになります。
  • 最低1ヶ月・1ユーザーからご利用が可能
    従来のリモートアクセスサービスは、最低利用期間が6ヶ月以上もしくは、ある程度のユーザー数(100ユーザー数から)でのご利用を条件としているため、中堅・中小企業には敷居が高く、利用為難い契約形態でしたが、当社は、最低1ヶ月・1ユーザーからご利用可能としているため、気軽にご利用いただくことが可能です。

サービス概要

ブロードバンドタワーが提供しているIaaSのオプションサービスとしてSSL-VPN型セキュアリモートアクセス環境の構築と運用、認証用の鍵ファイル(以下「認証チケット」)を提供します。
既存システムの改変やVPN環境を新たに構築することなく、インターネット経由でグローバルIPアドレスを持たない非公開Webサービスやその他のサーバーへセキュアにアクセスできるようになります。
認証チケットはコピー防止機能を備えているため本人認証の強化を可能にし、パスワードのみの認証方式に比べて一段高い認証セキュリティを、1ユーザー、最低1か月からご利用頂けます。
また、マルチプロトコル対応(オプション機能)にすることで、サーバーへのSSHやRDP接続などにもご利用頂けるため、サーバー保守業務の認証強化としても最適なサービスです。

※サービス詳細のWEBページは公開準備中です。

サービス構成イメージ

20121130_img.jpg

サービスご提供内容

初期導入設定・アクセスゲートウェイ、アクセスサーバーの構築 ※1
・初期ユーザーID登録





|

プランLiteプランBasicプラン
対応プロトコル ※2HTTPのみHTTP 他※3
利用サイト数1~10 URL ※4
登録ID数1~501~1000
登録ID変更業務※5
ID収容タイプ共有型 ※6専有型
オプション利用×
メンテナンス通知計画あり
臨時規定なしあり
オプション機能 ※7・マルチプロトコル対応(HTTPプロトコル以外のTCP通信に対応)※3
・リモートアクセスログ管理
・専用ゲートウェイ(専用ログインポータル/独自ドメイン運用)
・負荷分散(大規模向けActive/Activeの冗長構成)
  • ※1 アクセスゲートウェイは当社ドメイン、当社取得SSL証明書を用いて公開しているものとなります。 アクセスゲートウェイおよびアクセスサーバーの障害については現状復旧まで24時間365日対応します。 クライアント端末側の接続環境を含めた障害対応には応じられません。
  • ※2 利用サイトで使用可能な通信プロトコルです。HTTPのポート番号は問いません。(80以外可)
  • ※3 HTTP以外のTCPプロトコルにも対応する場合は、マルチプロトコル対応オプションが必要です。 例としてSSH、RDP、POP、SMTP、HTTPS、FTP等のTCPプロトコルにも対応します。 UDPプロトコルを利用する通信には対応していません。 マルチプロトコル対応では、アクセスデバイスのブラウザでJavaAppletが動作できる環境を必要とします。
  • ※4 ユーザー単位、グループ単位でアクセス制御が可能です。
  • ※5 システム管理者からのご依頼に基づき変更作業を実施します。 ユーザーID管理作業(ユーザーIDの緊急停止を除く)は、ブロードバンドタワー担当営業まで ご連絡ください。ブロードバンドタワー営業時間内での対応となります。
  • ※6 アクセスサーバーを複数のお客様で共有するため、他社ユーザーのご利用状況による 応答品質の低下が発生する可能性がございます。また、ブロードバンドタワー判断のもと、 システム管理者へのご連絡をすることなくメンテナンスを行う場合があります。
  • ※7 オプション機能の詳細については、お問い合わせください。
  • ※8 価格についてはお問い合わせください。

本サービスのお問い合わせ先

株式会社ブロードバンドタワー 営業統括グループ DC営業部
電話:03-5202-4801 FAX: 03-5510-3432
E-mail: bbtower-sales-web-j@bbtower.co.jp

エリアビイジャパンについて

会社名 エリアビイジャパン株式会社
所在地 〒106-0044 東京都港区東麻布1-23-5 PMCビル5階
代表者 代表取締役社長 鈴木 一成
設立 2001年(平成13年)12月
URL http://www.areabe.com/jp/index.html

エリアビイジャパンは、主力製品であるソフトウェア通信プラットフォーム「SWANStor(スワンストア)」を核に、インターネット網を通じた事業者間・消費者間のセキュアな通信サービスを提供しています。「SWANStor」は、大手企業を中心に600社・12,000本以上の出荷実績があります。
メーカーならではの安定した技術力に裏付けされた高性能な製品・サービスを取り揃え、セキュア通信に必要となる周辺機能をワンストップで提供し、多数の企業から高い評価を得ています。

ブロードバンドタワーについて

会社名 株式会社ブロードバンドタワー
所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目3番2号 内幸町東急ビル
代表者 代表取締役会長兼社長 藤原 洋
設立 2000年(平成12年)2月9日
URL http://www.bbtower.co.jp

ブロードバンドタワーは、高度な運用技術と信頼性の高いハウジングサービス、クラウドサービス、EMC² アイシロンスケールアウトNASなどのビッグデータ対応ソリューションを提供しています。
ビジネス環境・ビジネス戦略の急激な変化への柔軟な対応が求められる昨今において、データライフサイクルマネジメントのパイオニアとしての実績を高く評価され、インターネット関連企業を中心たした多数の大手企業から高い信頼を得ています。

報道関係お問い合わせ先

株式会社ブロードバンドタワー マーケティンググループ  卯月基文
電話:03-5202-4810 FAX: 03-5510-3432 E-mail: pr-ir@bbtower.co.jp
http://www.bbtower.co.jp/

PDFダウンロード

IRに関するお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム
  • お電話でのお問い合せ

    03-5202-4813

    受付時間 9:30~17:30
    (土日祝日除く)

Get Adobe Reader

※PDFファイルをお読みになるには、最新版のADOBE Readerが必要です。
 右記のサイトより無料ダウンロードできます。

  • BBTowerからのお知らせ
  • メール配信登録
  • IRに関するお問い合わせ
ページの先頭へ